医者

こころの状態を検査する

うつ病の自己チェックは医療機関を受診するきっかけとして有効ですが、より正確に診断するには病院で検査を受けるのがお勧めです。うつ病チェックは体の不調の原因を突き止め、早期に治療を始めるためにも役立ちます。

心の病気に気づいた時

男性

良い病院の選び方

うつ症状が表れたときに何科に行けば良いでしょう。それは、精神科と心療内科が一般的です。精神科は、精神疾患を扱う科で心の病気全般に対応しています。うつ病かもしれないと思った時は、まず精神科に行ってみましょう。心療内科は心身症を扱う科で、精神ストレスから体に症状が出た時に診療をおすすめします。病院を選ぶポイントとして、まずは自宅から通いやすいかどうかです。自宅から距離があり、通いにくさを感じるとストレスを感じてしまうので、なるべく近い病院が良いでしょう。診療時間や曜日、交通機関などをチェックすると、自分が通い病院か判断できます。診察の予約のとりやすさも注目ポイントです。評判が良くとも予約がとりにくい病院だと通院に苦労するので、予約がとりやすい病院を選びましょう。自分と医者の相性も重要です。医者との信頼関係は治療に影響を及ぼします。自分の話をきちんと聞いてくれるかどうか、形式的なやり取りではなく心としっかり向き合ってくれる医者なのかチェックしましょう。また、問いかけた疑問に答えてくれるかどうか、薬の処方の際に副作用についても説明があるかどうかも重要なポイントです。うつ病は治療に時間がかかることが多いので、長期的な通院をできる病院なのか見極めることが大切です。対話ができて信頼関係を築ける医者がいれば、治療にも良い影響を与えます。まず診察を受ける前に予約を入れましょう。多くの精神科や心療内科の初診の時は、予約制です。診察の際はじっくりお話を聞かれることが一般的なため1時間程度の時間を設けて診察されます。そのため、予約の連絡が必要になります。精神科や心療内科は電話で予約をいれることが多いです。また、診察を受ける時に自分の症状をメモして行きましょう。メモの内容はどのような症状が出ているか、いつから症状が発生したか、睡眠や食事について、一番辛い症状、アレルギーがあるかどうかなどをチェックして記入しましょう。うつ症状を診察の時に伝えるためにメモがあると落ちついて話すことができます。自身の症状のチェックをすると、現状の把握ができます。さらに、生まれや家庭環境、学歴などの成育歴も診断に関係することがあるので、メモに書いておきましょう。精神科や心療内科のひとりでの受診が心配な時は家族や誰か信頼できる人に付き添ってもらうと良いです。付き添いの人が居ると緊張や不安が和らぎ、うつ症状を話やすくなるかもしれません。うつ病は国民健康保険が適用されるので、国民健康保険証を忘れずに持参しましょう。基本的には国民健康保険証があれば問題ありませんが、念のため身分証明書もあると安心です。

カウンセリング

患いやすい人がいます

うつ病の患者数は増加傾向にあります。症状について日頃からチェックする事で医療機関での治療のきっかけとする事ができます。早く治療を開始すれば数週間で治す事もできますが、長引けば完治まで数年を要する場合もあります。

ハート

変化を見逃さない

うつ傾向のチェック項目として休日に行動することができなくなるというものがあります。今まで出来ていたことができなくなってしまったり、興味がなくなるのは黄色信号です。症状が辛いのであれば病院を受診してください。

ナース

誰にでも起こりうる病気

うつの原因は身体的な要因の人間関係のトラブルや近しい人の死や精神的な要因の進学や転職、結婚などがあります。病院では人間関係などの悩みや病気の有無などを聞いたり、検査をしたり、家族などからも話を聞くなどたくさんのチェック項目が必要です。