男性

うつ病と思ったら要チェック!【 精神ストレスから体に症状】

変化を見逃さない

ハート

休日が楽しめなくなったら

社会人にとって休日というのは体を休めると共に気分をリフレッシュする為にあります。しかし、中にはその休日に何もやる気がわかず行動することができない人もいるようです。休日に行動することができないようになるのは、もしかしたらうつ病の初期段階にあるかもしれません。今まで楽しみにしていた休日を楽しむことができない、さらには今まで楽しいと感じていたことが楽しいと感じることができなくなってしまうとうつ病の傾向があるようです。うつ病は心の風邪と呼ばれるもので、几帳面な人や真面目な人、責任感が強い人が陥りやすいと言われています。社会人は常にストレスに晒されていますが、適度に発散することで精神を健常に保つことができるのですが、休日にまで何もする気が起きないようになるとそのストレス発散すらまともに出来なくなってしまいます。日々に疲れて休日はゆっくり休みたいと考えるだけであれば問題ありませんが、本当は行動したいのにやる気起きない、動くことができない場合は黄色信号と言えるでしょう。休日が来るのを楽しみにできなくなってしまうようでしたら、うつ傾向かもしれませんので注意が必要です。自分が罹患しているかのチェックとして、今までできていたことができなくなったり、興味が沸かなくなったりすることと言われていますのでチェックしてみてください。うつ傾向があるのかチェックしてみて傾向があるようでしたら、病院に行きましょう。うつ病はそのまま放置しておくと悪化することはあっても改善することは難しい上に繰り返してしまうと言われています。その為、いつもと違うと感じることが増えた時には病院を受診することが大切です。病院は心療内科、もしくは精神科で問題ありません。これらの科はいきなり受診しても診てもらうのが難しく、事前に予約をお願いしている場所が多いようです。その為、行こうと考えている病院があるのであればまずは電話をすることが大切。そして、自分がどのようなことで辛いのかを整理してみてください。ドクターにしっかり伝えることで治療に活かすことができます。うつ傾向があると気力が湧かずできない場合もあるかもしれませんが、どんな症状があるのかだけでもチェックしておくと安心です。また、状態によっては投薬をせずに様子を見ることもあるかもしれません。うつ病には治療薬と呼ばれるものがありますが、人によっては必要がないと判断されることもありますし、薬との相性が悪い場合もあります。一度の受診だけで解決することは難しいの心の病気ですから、気長に付き合っていく心構えが必要不可欠です。